スリランカ行4

木曜日
この日は、ポロンナルワを出て、シーギリヤとダンブッラという遺跡を見学し、キャンディという古都に向かいました。アントンの車のおかげで、アヌラーダプラを出てから、たったの2日間で、文化三角地帯を見終えることができました。

シーギリヤは、ねたみぶかい臣下にそそのかされて、父親である王を殺した古代アヌラーダブラの王子が、弟の復讐をおそれてたてこもった岩山の要塞です。高さ200メートルの、まるで隕石のような岩山は堅固そのものですが、要塞の一部は妖精をえがいた壁画でおおわれ(今はほとんど残っていませんが)、岩山の前には、水でおおわれた豪華な庭園があるなど、要塞とは対照的な美的感覚が印象的でした。また、岩山の頂上にある宮殿まで、200メートル下を流れる川から水を汲み上げる技術力もあったそうです。

シーギリヤの王子は、結局、弟に殺されました。愚か者の王子のくせに、たいしたセンスと技術力です。

続いて、ダンブッラは岩山の地形を利用した、岩窟の仏院でした。ひんやりとした、それぞれの仏院の中には、いくつものブッダがならび、天井の岩壁は、ブッダや仏教に関する壁画でおおわれています。

スリランカでは、ブッダの像や絵をバックにした、人物の写真をとることはタブーです。写真に写る人が、ブッダに背を向けて、記念撮影することになるからです。ダンブッラでは以前に、観光客が、背をブッダ像に向け、ブッダ像の掌に座って記念撮影をしたことが、大問題になったそうです。仏院のひとつに、際立ってぴかぴかのブッダがありました。きっとこれです。観光客に冒瀆されたブッダ像は、法力が失われたため、色を塗りなおしたそうですから。

ダンブッラからキャンディに向かう途中で、アトラはハーブ農園に車をとめました。どうやら、アントンの観光コースに入っているようです。農園主から、植えてあるハーブについて一通り説明を受け終え、おまちかねのハーブの展示販売です。私が、肌に良いとされるサンダル・ウッドのクリームを物色していると、農園主が、「これも買って、小びんで良いから。あなた必要ですよ、これ。45日間使えば、100%髪が生える。遅くないですよ」。その名もキング・ココナッツ・オイル。値切って話がまとまったところで、アントンを見ると、その手には、キング・ココナッツ・オイルの大びんが。「ぼくも抜け毛が気になるんだよね。。。」。

キャンディでは、この旅行でナンバー3のホテルに泊まりました(ナンバー2はコロンボで友人が手配してくれた高級ホテル)。部屋の設備もよいのですが、従業員の折り目正しさに、金を払ってこそ受けられる安心感を感じました。

キャンディは、イギリスに支配されるまでの、最後のスリランカ王国があった古都です。コロンボから、車や電車のアクセスが良いこともあり、他の地域に比べて、外国人観光客を多く目にしました。夕方、見物したキャンディ舞踊や、ホテルのブッフェ・レストランは、外国人でいっぱいです。

いかにも観光客向けのショーやホテルは、本来バックパッカーであるアントンにとって不本意なようでしたが、これまでの行程で、スリランカがすっかり気に入ったようです。「自然は豊かだし、人はやさしいし、すごくよいね」、「キング・ココナッツ・オイルもあるぞ」、「そうそう、あれが本当に効いたら、スリランカに永住したくなるかもね」。
[PR]
by sunaogoto | 2006-01-04 21:38